【顔出し配信】身バレ防止!ウィッグで変装【実際にやってみた】


ゲームの配信をしている人の中には、自分の顔を画面上に映しながら配信してる人もいますよね。

顔を出すことで配信者の個性が出せたり、リスナーさんがつきやすくなったり……なんて話も聞くこの界隈。

でも、顔出し配信に興味があっても

自分も顔出し配信やってみたいけど、やっぱりなんか不安
身バレしたくないし、トラブルの元になってもいやだなあ。

そんな風に思ってませんか?
私はそう思ってます。笑

そこで提案したいのが、ウィッグ!!!

そうです、ウィッグです!
カツラとも言いますね。

顔出し配信にどうしても興味があった私、実際にウィッグを被って配信をしてみました!
1カ月やってみて感じたウィッグを使いながらの配信のオススメポイント・デメリットなどなどを紹介します。

ちなみに、普段はショートヘアーの自分。
ウィッグはロングヘアーのものを使って配信をしました。

いいとこ・ダメなとこ

ウィッグを使っての顔出し配信で、いいと思ったところ・ダメと思ったところを挙げるとざっくりこんな感じです。

ウィッグを使って顔出し配信して、おっ!いいな!と思ったのはこんなところ。

  • 髪色も髪型もなんでも好きにできる
  • 身バレしない安心感
  • スクショされてもいいかなって思える
  • 普段とちがう髪型になれて楽しい

逆に、ウィッグを使いながらの配信で、ここが微妙だなあ…と思ったのはこんなところ。

  • ウィッグの管理がめんどい(ロングはすぐ絡まる)
  • ウィッグ被った後は髪の毛ぺしゃんこになる
  • ウィッグの抜け毛が気になる
  • ウィッグがダメになったら終わる
  • 髪の毛いじって系のリクエストに緊張する
  • ズレるとやばい

それぞれ詳しくみていきましょう!

ここがいい!

ウィッグを使いながらの顔出し配信の楽しかったポイントはこれ!

全体的にいうと、「普段と別の人間になり切れる」「イメチェン楽しい」っていう感じでした。

髪色も髪型もなんでも好きにできる!

金髪にしたいなぁ……。

って思っても、学校や会社の規則でできなかったり、ブリーチするのに抵抗があったり、したい髪色が自分のキャラと合わないと感じたり……。
そう簡単にできるものでもなかったりしますよね。

でも、

この髪色になった自分を見てみたい!

っていうだけなら、ウィッグを被れば簡単に実現できちゃうわけです!

この機会に「あの憧れの髪型になってみたい!」を実現させるのも楽しいと思います。

配信のために買ったウィッグはこれ!

配信で使うウィッグを探すため、いろいろなサイトをハシゴしました。

ウィッグてお高いんだろうな~なんてイメージを持っていたのですが、意外とお手頃価格でいろんな髪型・髪色のウィッグが売っていたのは驚き。
今って、数千円でウィッグが買えちゃうんですよ。すごい。

ほんと、いろんな髪型があって、目移りしそうになりつつ、今回は「一般人による顔出し配信」に使うウィッグ探しであることを忘れないようにしつつ……。

あんまり奇抜な色は我慢 避けて、黒寄りの茶髪系のウィッグを購入しました。

清楚委員長系()の雰囲気で配信したかったので、長さはロングウィッグをチョイス。

ほどよい茶髪にしたいなと思ってた私ですが、いざ画面に映ると「黒よりの茶髪」は思っていたより黒髪に見えます。

なので、私と同じように「落ち着いた茶髪にしたいな~」と思っている方は、少しだけ明るめの茶髪を選んでみるといいかもしれません。

逆に、髪色が明るすぎた場合は部屋の照明なんかで多少誤魔化すこともできますよ!


身バレしない安心感

顔出しと聞くと、身バレが怖いご時世

いつ誰がどこで見てるか分からない配信で、自分の顔という個人情報を露出してるわけですから、やっぱり怖いなとは思います。

でも、だからこそ、ウィッグなんです!

そもそもウィッグを使って配信をしようと思ったのは、身バレが怖かったからです。

この頃はインターネット絡みの事件も増えています。
よく耳にするのはストーカーですね。
顔を見せるということは、ストーカーがネット上だけにとどまらない可能性が生まれてしまうということです。

「どこ住み?」に答えてしまっても安心感がある

配信中ってけっこう「どこらへんに住んでる人なの?」みたいな質問もけっこう来ます。あと「何歳?」もね。

「どこらへん住み?」は好奇心で聞いてくれるんだと分かってはいつつ、私はそういう質問がくると「来たか……」と身構えてしまうタイプです。
気にしすぎといえばそうなんですけどね!

例えば、「どこ住み?」と聞かれて、うっかり自分の本当の所在地を答えてしまったとしましょう。

でも、普段ウィッグを被って顔出し配信をしていれば、

万が一すれ違ったりしてもわかんねえか……

なんて思えます。

なんの偽りもない自分の顔を出すより、ウィッグを被って雰囲気を変えているだけでもかなりの安心感があるんです。

特に、自分の地毛とウィッグで全然長さが違う・髪色が違ったりすると、

町中で目が合っても似てるけど違うな…、程度に思ってもらえるにちげえねえ!
って思えるのでお得です。

スクショされてもいいかなって思える

これも上で言ったのとほとんど同じ理由です。

ライブ配信というと、一瞬のものに思えますが、人によっては勝手にスクショしまくってたりします。
そうでなくても、うっかりアーカイブ(配信の録画)が残ってたりすることもありますし。

でもウィッグを被ってれば、まあ多少ネット上や誰かのスマホの中に自分の顔出しスクショが残ったっていいかな?って思えてきます。
だって、ウィッグを脱げばほとんど別人ですからね。

最悪、炎上する事態になったとしても、「普段と全く同じの自分の顔」と「ウィッグを被って雰囲気が全然違う自分の顔」がネット上に出回るのでは精神的ダメージも結構違ってくると思いませんか?

ウィッグでどれだけ印象が変わるの?

ウィッグを被ってどれだけ自分の顔の雰囲気が変わるのか。

これは、実際やってみると、おお!これは!って感じで驚くと思います。

コスプレなんかをしたことがある人はイメージがつくと思いますが、「ウィッグ+メイク」で人の顔って結構変わるんですよね。

メイクもそうだけど、髪の毛って人の雰囲気とかイメージを操作する一番大きな部分だと思うんです。

これはソシャゲのキャラクターを見てもらうとなるほどと思ってもらえる……かもしれない。
似たような顔でも、髪型でイメージがガラリ。覚えがありません?

普段とちがう髪型になれて楽しい

なんといっても、最大の「ウィッグ楽しいな!」ポイントは、これ!

普段とちがう髪型になれてテンション上がる!!

例えば、ちょっとしたところでいうと前髪

今の自分のこの髪型で前髪があったら、どんな雰囲気になるんだろうな~。
なんて思ったことありません?

そこで「前髪パーツのみのウィッグ」をつけると、簡単に「前髪ありの今の髪型はこんな感じ」が再現できるというわけです。

大きな違いでいえば、黒髪ショートヘアーから茶髪ロングヘアーになる、とか。

どれだけロングが邪魔くさいのかだとか、私茶髪だと陽キャみたいじゃん!とか、いろいろ楽しめます。

ここがダメ!

逆に、ウィッグを使いながらの配信でここが微妙だ~!と感じた点はこれです。

全体的にいうと、「ウィッグのケアがめんどい!」「被った後、髪の毛ぺたってなる…」です。

ウィッグの管理がめんどい

私が使っていたのはストレートロングのウィッグです。

これ、「丁寧に扱ってればそんなに絡まらないだろ!」って思ってたんですけど、いや、ダメでしたね!

使って4日目くらいには毛先が鬼のように絡まりきってしまいました。
まあ、配信を終えたあとに、ブラシでガシガシやってほどけたんですけどね。

これに関しては、「ウィッグ 絡まり とかす」とかで調べると、専用のスプレーをとか、専用のブラシでとかいろいろ対処方法が出てきます。

が、私はウィッグケアグッズを持ってなかった&次の日の朝も配信やるって言ってあった手前、夜中のうちに、普段自分が使っているブラシでがしがしやってどうにかするしかなかったわけです。
でも、意外とどうにかなるんですよね、これが。笑

ただ、力任せに鬼のような絡まりをとかしたので、抜け毛が大量でした。
ブラシがまっ黒になるくらいには。

それに、髪の毛一本一本もしわしわ~にちぢれてしまいました。
この原因、力任せにほどいたせいもありますけど、鬼のような絡みを放置したせいもあるんだろうなこれ……と思ってちょっと反省。

ウィッグってけっこう繊細なんだなあと、この時学びました。

毛が絡まる原因:平置き

鬼のように絡まってしまった原因は、私の保管方法のせいもあると思います。
と、いうか、9割そのせいです。
あとの1割はお手入れ不足ですね。

ウィッグに鬼のような絡まりを作ってしまった保管方法は、これです。
ウィッグを被らないときは、絡まらないようになるべくウィッグ全体が一直線になるように平置きをしていました。

そうです。平置きです。

ウィッグスタンドを持っていないのです、私。

平置きはおすすめしません。

例えウィッグスタンドを持っていなくても、平置きだけはオススメしません。

日に日に髪の毛が少しずつ絡まって、気が付いたときにはマジか……ってくらいやばい塊が出現しています。

ウィッグスタンドがない?そんな時はこれ!

夜じゅうブラシでガシガシやって絡まりをとかしたはいいけど、また平置きで保管すると同じことの繰り返しになると悟った私。

しかしウィッグスタンドはない……。

そこで!おすすめたいのが2リットルペットボトル

まあ、これはこれでのちのち型崩れの原因になったりなんだりしそうなんですが、とりあえず平置きからは脱却!ってことで。

2リットルペットボトル、これがけっこう便利なんですよね。
中身がカラっぽでも、うまくウィッグを引っ掛ければ意外と倒れません。使えます。

ウィッグスタンドないから、なにか身近のもので代用したい!って人はぜひお試しあれ!


ウィッグ被った後は髪の毛ぺしゃんこになる

これは「毎日お風呂に入る」「毎日ウィッグ被らない」人はあまり気にならないと思います。

が、
「お風呂は2日に1回派!」
「毎日ウィッグ被って配信する!」
「1日で何度かウィッグ被るときがある」

そんな人は、めちゃくちゃ気になりませんか、これ!

ウィッグを被ったあとって、髪の毛がぺしゃんこになります。
もっというと、頭の形に沿って髪の毛がペターってなります。

なぜかというと、ウィッグ被ったことある人なら分かると思いますが、ウィッグ被る前に装着するネット。

あれが髪の毛ペターってする要因のいっこになってるんですよね。

私は一度、お風呂上りのふわふわ髪の毛の状態でウィッグ被って1時間くらい配信したことがあるんですが、見事にぺたんこになってしまって、やらかしたな……ってなりました。

まあ、また髪の毛洗えば元に戻るんですけどね。

でも「朝と夜に配信したいな~!」とか、1日に何度か配信したいと考えてる人には、まずはウィッグを被ってみて、髪の毛ぺったり具合を確認してからにするのをおすすめしたいです。
特に髪質がやわらかい人は、気になるかもしれません。

髪質にもよるだろうから、「髪の毛ペタンこ」といっても一概には言えないんですけどね!

ウィッグの抜け毛が気になる

私が使っているロングヘアーウィッグ。

ロングなだけあって一本一本がとってもなが~いので、抜け毛が気になりまくります。

洗面台の鏡から配信する部屋に移動する最中でも、なぜか髪の毛って落ちるんですよね。
配信中にいじって抜けた髪の毛が服についていて、知らぬうちに家中に拡散している可能性もあります。

掃除機を定期的にかける家なら問題ないかもしれません。

でも、犬や猫がいたり、家族がいたりすると、ウィッグの抜け毛ってちょっと問題になりかねません。

ペット・家族がいるなら注意!

ペットって基本的に床にいるので、うっかり髪の毛が口の中に入ってもぐもぐごっくん……、なんてことは日常茶飯事だと思います。
少なくともうちのネコはそうなんですよね…。(困った)

家族がいる場合も、ちょっと注意したいです。

もし、家族にばれないようこっそりと配信をやっていた場合、「この髪の毛誰のだ……?」と思われて話題になる可能性もあります。

家族全員が黒髪なのに、茶髪の毛が落ちていたら「ん?」ってなりますよね。

でも、一人暮らしの場合は抜け毛だろうがなんだろうが、自分が気にならなければ万事オッケーです!


ウィッグがダメになったら終わる

「ウィッグを被って配信」をする主な理由は、私の場合は「身バレ防止のため」です。

「身バレ防止」という理由でウィッグ被って配信をする場合、あなたは「これが普段の私!ウィッグ?なにそれ?w」のスタイルで配信すると思います。

だって、「これ実はウィッグw」なんて言おうもんなら、リスナーさんから永遠に「ウィッグなし配信はよ!!!」って言われ続けますよ。
顔出ししたいけど身バレがやだからウィッグ被ってんのに、そんなの本末転倒です。

つまり、ウィッグがダメになったら配信ができなくなります

ただ、

  • 全く同じウィッグをすぐ購入できる
  • すでに予備を持ってる
  • 適当な理由をでっちあげられる

のどれかを実行できる場合は、大丈夫です。

お手軽なのは「理由をでっちあげる」

一番お手軽なのは適当な理由をでっちあげることです。

まあ、でっちあげると言っても髪の毛の話なので、「イメチェンしてくるー」とか「染めてみた!」とか、そんなのでいいと思います。

「実は今日、ヘアカラーしてきた!」

「こっそりイメチェンしました!楽しみにしててね!」

などなど、サプライズ感を出して配信の告知をしておけば、突然のウィッグ変更もばれずにいけると思います。

サプライズのノリがいやな場合も、事前に「そろそろ髪染めたいな~」ってほのめかしておけば自然だと思います。
なんとな~くほのめかしておくことで「あ、染めたんだね。前から言ってたもんね」みたいに思ってもらえます。


髪の毛いじって系のリクエストに緊張する

ゲームをしながら小窓で自分の顔を映す形式の配信であれば、「髪の毛いじって!」って言われることはあまりないです。

でも、雑談とか、顔出しメインの配信になると「髪の毛いじって!」のコメントがよくきます。

例えば、前髪がある人なら「デコ出しして!」
髪の毛長い人なら「ポニテして!」「ツインテにして!」
などなど。

ウィッグ被ってると、これ、ちょっと緊張します。笑

意外とデコ出しはどうにかなるんですけど、髪型変えて!系のコメントが来ると一大事ですね。

地毛じゃないので、あんまり強く引っ張ったりするとウィッグがズレます

ズレることはあっても、しっかりサイズ調整していれば、ウィッグがポロっと取れることはないと思います。
ネットを装着して被るタイプのフルウィッグは、ゴム部分がけっこうしっかりフィットしますからね!

でも、配信中にウィッグがずれることってちょいちょいあるんですよね。
内心「やべーwwwずれてるずれてる!ww」ってなって、正直ちょっと焦ります。笑

配信中にバレないようにウィッグをいじるコツ!

でも、やっぱりリスナーさんありきの配信なので、多少リクエストには答えてあげたくなっちゃいますよね。

「髪いじって!」って言われても、やんわ~り髪の毛を扱えば、多少の形は大丈夫です。

ポニテやツインテ、三つ編みくらいだったら簡単です。
やってあげると喜んでもらえるのでぜひ。

やんわ~りのコツは、むやみに髪の毛を引っ張らないことです。

あと、常に髪の毛がたるんでるくらいの余裕をもって髪の毛を扱うことです。

デコ出しは事前の確認を!

前髪があるウィッグを選んだ場合、まず間違いなく「デコ出ししてよ!」は言われます。

1度だけでなく、何度もきます。
「デコ出せ」の一言は、いつ飛んできてもおかしくありません。

突然のデコ出しリクエストに応えられるように、ウィッグを装着する時点で、あらかじめ「デコ出し」しても自然に見えるかどうか確認しておきましょう。

コツは、「ネットのゴム部分が見えない」でいて「自分の毛の前髪部分の生え際が見える程度」です。

生え際はともかく、ネットのゴムが見えてしまうと一発アウトなので、そこだけは気を付けてくださいね。

生え際を見せることで、より自然に見せることができるんです。
でも配信の画質が悪ければよく見えないので、生え際はそんなに気にすることはありません。


ズレるとやばい

とはいっても、配信中にウィッグがずれるほど動き回るのはそうそうありません。
踊ってみたでヘドバンとかしない限り大丈夫だとは思います。

ただ、ウィッグがロングだった場合、気を抜いてるとズレそうにはなります。

例えば、髪の毛の絡まった部分を指に引っ掛けたまま、うっかり手を動かそうとした時。

ウィッグって全体がつながっているので、この状態のまま強く引っ張ってしまうとウィッグが全部そっちの方向に引っ張られて動きます

つまり、不自然感をリスナーさんに与えてしまうんです。
普通だったら、つむじごと髪の毛が動くってありえませんからね。

髪の毛を引っ張った方向に、つむじから何から全部動くので、あからさまなウィッグ感が出てしまうわけです。

まあこれも、ロングウィッグを使う場合にだけ気を付けたいことであって、ミディアムとかショートの場合は問題ありません。

うっかりひっかかるほど長さがないですからね!

結局、ウィッグ配信はおすすめ?

ウィッグを使っての顔出し配信。
結論からいうと、オススメできます!

抜け毛だとか絡まりだとか、ウィッグを使っていくうえで気になることも出てくるとは思います。
でも、身バレ防止になる安心感はなにものにも代えがたいです。

炎上するかもしれない、ストーカーされるかもしれない、リアル知人や友人、はては家族にまでどこかでばれるかもしれない……。

顔出し配信をする上でのリスクを考えると、ウィッグの存在はやっぱり大きいと思います。

大げさに言えば、髪型ひとつで別人になれるわけですから。

ウィッグってどこで買えるの?

よーし!じゃあウィッグを買うか!と思っても、お店が近所になかったり、めんどくさくて足が進まなかったり、一人じゃ行きにくいと感じたり……、まあいろいろありますよね。

でも今はネットでなんでも買い物できる、めちゃくそ便利な時代なので、ウィッグも通販でぽちっと買えます。

ちなみに、私は3つのサイトでひとつずつウィッグを買って、自分の顔に一番しっくりくる髪色や雰囲気のウィッグを選んで配信を始めました

実際に手に取って見れないのが通販の微妙なところだと言われていますが、わりと画像で選んだウィッグと実際に届いたウィッグで大きな差があるウィッグはなかったので、ほっとしました!

調べるといろんなお店が出てきて迷うと思います。

せっかくなので、私が今回ウィッグを購入した3サイトを紹介するので、よかったら参考にしてみてください!

アクアドール

引用:https://aquadollwig.jp/

最終的に配信に使うウィッグとして選んだのは、アクアドール というお店のウィッグです!
この記事を書いている数分前に、アクアドールのウィッグを被って配信してきましたところです。笑

自然で高品質を売りにしているだけあって、配信中にどの角度から顔が映ったとしても安心感があります。

ちなみに、私が使っているのはビューティーストレートロングウィッグ というウィッグ。

髪色はナチュラルブラウンにしました。

実際にウィッグをつけてみた感想は、ちょっと茶髪の明るい雰囲気が出てるかな?でした。
でも、画面に映ってみると、実際よりも落ち着いたいい感じの色になってくれたのでかなり気に入ってます!

なんといっても、同じ黒髪・茶髪でも髪色の選択肢がけっこうあるのが助かる。
なかなかお目当てのあの色がないんだよね~の人も、もしかしたらいい色が見つかるかもしれません。

値段も、数千円のお手頃価格なウィッグから、医療用といわれる高品質な数万円のウィッグまで揃っているので、じっくり選べると思います。

せっかくウィッグを買うなら、多少お値段が張ってもいい!予算はある!
そんな人にはアクアドール、おすすめです!

↓下の画像をクリックすると公式サイトに飛べます。気になる方はどうぞ!

 

Brightlele

引用:https://www.brightlele.jp/

Brightlele(ブライトララ) は、とにかくウィッグの種類が多いのが印象的でした!
口コミを調べても高評価が多いので、通販不安だな…という人にもおすすめしたいサイトです|ω・)

私が購入したウィッグは、ロングウィッグのカテゴリーにあるストレートフリンジカール というウィッグ。

ちなみに色は、ナチュラルブラウン
光を当てれば茶色に見えるかな~?程度のやさしい色なので、落ち着いた髪色がいいけど黒髪はいやだ!な人にはおすすめの髪色です!

ウィッグといえばお値段が高いイメージもありますが、ブライトララはほとんどのウィッグがお手頃価格なうえに、ウィッグの種類もかなり多いのでお目当ての髪型以外のものもうっかり買いそうになってしまいました!!!
(実はお団子ウィッグも買ってしまった。笑)

普通のウィッグから、ポニテやお団子、前髪だけなどなど、ほんと幅広く揃ってます。
ウィッグだけじゃなくてハロウィンコスチュームまである!笑

ウィッグ買う予定はないけど、どんなもんか興味はあるなって人も見るだけでも楽しめると思います。

↓下の画像をクリックすると公式サイトに飛べます。気になる方はどうぞ!

 

Cospedia Wig

 

引用:https://www.cospediawig.jp/

他の配信者よりも個性を出したい!
そんな人にはCospedia Wig ダントツでおすすめです!!

上で紹介した2つのサイトは、どちらかというと自然派のウィッグです。
なので、基本的に髪色は黒や茶色など、自然な色や髪型のウィッグを扱っています。

一方でCospedia Wigは、コスプレイヤーご用達のウィッグ通販サイトなのです。
なので、ピンクや水色、銀髪から赤髪などなど、カラフル~な色がこれでもか!ってぐらい揃ってます。

私は普通の落ち着いた茶髪のロングウィッグを探していたのですが、ちょっと気になってスーパーロング という100cmもの長さがあるロングウィッグをポチっとしてみました!
ちなみに色は、同じくナチュラルブラウン

自分の人生の中でこんなに長い髪になったことがないから、ちょっと興奮した。笑

コスプレ用だからな~と思っていたのですが、想像以上に質が良かったのもポイント高いです。
カメラに映した感じだと、普通に色もシルエットも自然に見えてました

せっかくのスーパーロングウィッグなので、自撮りを上げるときか何かの機会に髪型作って遊びたいと思ってます。笑

↓下の画像をクリックすると公式サイトに飛べます。気になる方はどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。