【OPENREC】収益化!審査にかかる期間は?未成年でも知名度なくても大丈夫?

ゲーム配信と収益化をするにあたって、審査に通る必要のあるオープンレック。

せっかくゲーム配信権をゲットできたら、せっかくなので収益化もしてみたくなるところ……。

ところがどっこ、収益化するには、再び審査に通る必要があるのです。

でもでも、自分って知名度もないし、あまりリスナーさんも来てくれない。
それでも参加申請して大丈夫なの?

って思うかもしれませんが、大丈夫です。

ゲーム配信権をゲットできたなら、とりあえず参加申請ボタンをぽちっとしておきましょう。

落ちたらその時考えればいいのだ!

そんなわけで今回は、知名度のない弱小の僕が、クリエイターズプログラムの審査に受かるまでしたことと、審査にかかった期間を紹介します。

ちなみに、僕なりの意見なのでこれが絶対!というわけではありませんが、何かしらの参考になったらうれしいです。

ゲーム配信するならどこ?実際に24時間配信してみた【4サイト徹底比較】 【顔出し配信】身バレ防止!ウィッグで変装【実際にやってみた】

クリエイタープログラムの参加条件

まず、クリエイターズプログラムへの参加、すなわち収益化を可能にするためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 日本国内に居住している(日本語でやり取りができ、日本の銀行口座を保有している)
  • 18歳以上、もしくは親権者または法定代理人の同意がある18歳未満の方
  • OPENREC.tvのプレミアム会員である
  • OPENREC.tvの配信権限を持っている

これら4つの条件をクリアしていれば、クリエイターズプログラムに参加することができます。

これらの条件で引っ掛かりそうな項目をみていきましょう。

【顔出し配信】身バレ防止!ウィッグで変装【実際にやってみた】

記入項目ってある?

その前に、気になる人は気になるであろう「記入項目欄」。

ゲーム配信権の申請をするときは、意気込みとか実績を記入する欄がありましたよね。

クリエイターズプログラムの参加申請は、記入項目欄はありません

参加申請のボタンを押して、利用規約に同意したら終わりです。

登録したメールアドレスに審査結果が届くので、あとは待つだけ。

なので、ゲーム配信権をゲットできたら次はクリエイターズプログラムの参加申請ボタンもぽちっとしておきましょう!!

受かる受からないの心配はともかく、受かるかもしれない!の可能性にかけてまずはやってみようぜ。

プレミアム会員になる

まず、収益化するにはプレミアム会員であることが必須です。

ゲームの配信自体は、プレミアム会員じゃなくてもできます。
が、収益化したいならプレミアム会員になる必要があるってことですね。

配信者になるならプレミアム会員になったほうがいろいろと便利なので、損になることはありません。

金額も月額540円とそこまで割高ってわけでもないので、収益化したい!という人は何も考えずサクッと入っておきましょう。

スマホからの登録は注意!

ひとつ、注意したいのが金額です。

先程、月額540円と言いましたが、スマホから登録すると値上がりします。

Webブラウザ :月額 ¥540
iOSアプリ  :月額 ¥720
Androidアプリ:月額 ¥720

パソコンから登録するか、スマホから登録するかで180円もの差が出てきてしまいます。

180円を節約するために、できればパソコンからプレミアム会員の登録をしたいですね。

スマホからもブラウザ経由で540円でのプレミアム会員登録ができるのかもしれませんが、間違いがないのはやっぱりパソコンです。

 

プレミアム会員の金銭面的なことをもっと詳しく知りたい方は、こちらからどうぞ。
公式サイトのO&Aのページに飛びます。

参考 月額課金サービスについてOPENREC.tv

未成年でも収益化したい!

大学生以上であれば大丈夫そうですが、高校生・中学生となるとひっかかりそうな項目が

  • 銀行口座
  • 18歳以上

ここらへんでしょうか。

結論からいうと、未成年であっても収益化は可能です。

では、未成年が上記2つの条件をクリアして収益化する方法を紹介します。

「18歳以上」への対策

18歳未満の人は、親の許可があれば参加可能とのこと。

18歳以下は完全にNGというわけではなく、親からゴーサインをもらえれば収益化に参加できます!というわけですね。

配信で年齢を隠す必要もないし、ハードルは低いです。

「銀行口座」への対策

問題は銀行口座です。

口座開設ってなんか難しそうでヤバそう。ってイメージありません?
僕はありました。

が、こちらも親御さんの協力があれば未成年であっても口座開設できます。
しかも家にいながら。

シャワー浴びて服を着替えて銀行の窓口に行く必要はありません。

書類の提出も輸送ではなくアプリからできちゃうのでほんと、手間いらずです。

気になる方は楽天銀行へのリンクを貼っておくので、詳細はそちらからどうぞ!

楽天銀行サイトへ

審査にかかった期間

ずばり、僕の場合の審査期間は約1週間ほどでした。

これが長いのか短いのかはわかりませんが、大体6日~8日待てば結果がくるようです。

オープンレックで配信権を得てからどのタイミングでクリエイターズプログラムに参加申請するかで審査期間は変わってくるとは思います。

僕の場合は「配信権を得てすぐ」のタイミングでの参加申請です。

どんな配信者なのか分からない時点での申請から約7日程で結果が届くので、考え方によっては短い方なのかもしれません。

審査に受かるまでにしたこと

ざっくりと書くと、こんな感じです。

  1. 1回目の配信をする
  2. クリエイターズプロラム参加申請
  3. 結果の通知が来るまで毎日配信をする

もっと詳しく説明していきます。

参加申請は初配信の直後!

僕は、配信権を獲得後、1回目の配信をした直後にクリエイターズプログラムへの参加申請をしました。

まだ1回しかオープンレックで配信をしてないので、審査する側からしたら僕がどんな配信者なのかよくわからない状態だと思います。

でも参加申請をすること自体はできるので、早い方がいいなってことで参加申請ボタンをポチリ。

早い段階で参加申請をしたせいか、審査には少し時間がかかりました。

すでに何度かオープンレックで配信をしている人なら審査期間はもっと短いのかもしれませんが、初配信後すぐに参加申請したい!な人は、結果通知が来るまでちょっと待たないといけないのかもしれません。

ちなみに、僕の場合の審査期間は約1週間でした。

通知が来るまで毎日配信!

僕の場合は、「配信権を得た直後の参加申請」です。
査側からすれば、審査の対象となる配信がない状態。

これはマズイなと、参加申請をしたあとは頑張って毎日配信を心がけていました。

配信の時間帯も朝だったり夜だったりバラバラで、始まりと終わりの時間はその時の気分で決めてました。

とにかく結果通知が来るまでは毎日欠かさずやるぞ!!って思ってたのもあって、あえて時間を決めなかったのもあります。
時間を決めてダレたりできなかったりするとまずいので。

でもリスナーさんがいてなんぼなので、ある程度ざっくりと時間を決めるのがおすすめではあります!


SNSでも宣伝!

やっぱり審査となると、それなりにリスナーさんが来てくれているほうが有利かな?ってことで、SNSでの宣伝もしておきました。
僕は主にツイッターですね。

ハッシュタグをつけたり、人がいそうな時間帯に自分のオープンレックのページを紹介してみたり。

とはいっても、配信のために作った、作り立てのアカウントなのでフォロワーさんは全然いない状態

なのでハッシュタグを活用してました。便利ですね!

どんなタグをつけたらいいのか分からん!って人はとりあえずこれを添えておけばオッケーです。

#オープンレック

#OPENREC

#ゲーム実況

#(あなたが配信するゲームのタイトル名)

あとは、「#初見歓迎」とか「#対戦募集」「#参加者募集」みたいな「○○募集」系のタグもあります。

タグをつければつけるほどいいって訳でもありませんが、少なくともフォロワーが少ない時点ではタグをつけたほうが色んな人にツイートを見てもらいやすくなります。

とはいっても必須要素ではないので、お好みでどうぞ!

受かるためにするべきはこれ!

クリエイターズプログラムに受かるためにするべきなのは、僕が思うのはやっぱり毎日配信です。

毎日といっても、審査に受かるまででいいんです。

特に、配信権を得た直後に参加申請みたいなパターンだと、毎日配信することが大事だと思います。
毎日配信した動画が審査対象になるわけですから。

審査対象になっている、という意識を持って毎日配信を心がければ、きっと大丈夫です。

無言配信は避けよう

審査期間中に避けたいのは無言配信です。

受かったあとならいいんですが、審査期間中に終始無言、マイクオフとかで配信をやってしまうと審査する側からしたらうーん……ってなりかねません。

理由は、リスナーさんが飽きちゃうからです。

めちゃくちゃプレイがうまければ別かもしれません。
でも、審査期間中だけでもマイクなりゆっくりなりを用意して配信者のリアクション・コメントがリスナーさんに分かる状態にしておくといいと思います。

とはいっても僕は審査する人じゃないのでこれが絶対というわけではありません。

あなたが審査する側だったらどんな配信者を収益化OKにさせたいか?

これを考えながら審査期間中の配信をすれば、きっとばっちりです!

ゲーム配信するならどこ?実際に24時間配信してみた【4サイト徹底比較】 【顔出し配信】身バレ防止!ウィッグで変装【実際にやってみた】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。