エンド分岐「栄光の道」ローグルート/ジョニー消滅【Cyberpunk2077攻略】

サイバーパンク2077のエンディング分岐のひとつである

  • ジョニー・ローグに頼るルート
  • ジョニー消滅

のエンドに関してのネタバレです。

クエストでいうと

  • 「For whom the bell tolls/誰がために鐘は鳴る」
  • 「Path of glory/栄光の道」

になります。

「Path of glory/栄光の道」のエンド分岐を踏むと実績「太陽」を獲得します。

エンディングのネタバレ含みます。
自分でエンド見たい!という方はご注意!

クエスト「For whom the bell tolls/誰がために鐘は鳴る」

最後のメインクエストを進めると、以下の選択肢を迫られます。

  • ジョニーを頼り、ローグと協力して神輿へ向かうルート
  • アラサカを頼り、ハナコに協力して神輿に連れて行ってもらうルート

この選択肢を迫られる場面は、ミスティに屋上に連れていかれたあと。
ジョニーとの会話の最中です。

ここで、ジョニーに主導権を渡し、ローグと協力して神輿に向かうルートを選択すると「For whom the bell tolls/誰がために鐘は鳴る」というクエストが受注されるのです。
ここが一つ目のエンド分岐となります。

ちなみに、二つ目のエンド分岐はジョニーを消し去るかor自分が消えるかのどちらか。

ここではジョニーを消し去ってVが神輿から生還するルートについて触れます。


ローグと協力してアラサカ社に乗り込む

屋上で例の選択肢を選んだあと、Vはジョニーに体の主導権を渡すため薬を飲みます。
そのあとの操作はVではなくジョニー視点から進み、Vは出てこなくなります。

ローグの協力のもと、人材と装備を獲得したジョニー。
計画もローグが練ってくれます。

ちなみに、アラサカ社に乗り込む準備をしている時点でローグの私室を探索できる場面があります。

ローグの部屋にある机の上を見ると、自分と仲間たちの若かりし頃の写真が飾ってあります。なんかせつない。

オルトの協力も受けて神輿へ

アラサカ社になんとか乗り込んだ一同は、はじめこそ戦闘になりますがしばらく進むとオルトの協力を得て戦闘がなくなります。

オルトの協力が得られるようになるとエレベーターも扉も開放されるので、アラサカ社の中を探索しておきたい人はここで!

最後に神輿に到着する前のタイミングでボス戦があります。
この時にローグが殺されてしまうのですが、代わりにローグの使用していた銃を入手することができます。

このボス戦が終わると、神輿は目の前。
その後の戦闘はありません。


神輿内部で最後の選択

ヨタヨタになりながら神輿に自分を接続したジョニー。
場面は神輿の内部へと飛びます。

神輿の内部には、Vとオルトがいて、ここからは会話のパートになります。

ちなみに、これまでのストーリーではV視点で操作を進めてきましたが、神輿内でもプレイヤーの操作はジョニー視点であり、VはNPCとしてこの場にいます。

ここでオルトに「Vは今や体に寄生する側になっていて、今の体の持ち主はジョニーだ。Vが生きたいのならジョニーを消し去らなければならない」といったことを言われ、最後の選択を迫られます。

そして、ここで第二のエンド分岐に繋がる

  • ジョニーを消し去りVが生還する
  • ジョニーがそのまま体の主導権を握り続け、Vを消し去る

のどちらかの選択を迫られることになります。

この選択肢、なかなかプレイヤーが試されていると感じました。

というのも、今まではV視点だったものが、ここにきてジョニー視点の操作になっているからです。

一番最後の決断を下す瞬間が、今まで操作してきたVではなくジョニーによってなのです。
ある意味、主観の入れ替わりというか、これまでの視点とは逆の立場であるという状況。
Vにもジョニーにも感情移入できてしまっている場合、考えさせられるものがある場面というか、鬱ゲーというジャンルに値するものだと感じます。

つまり、もしVを生かしたいと思えば、プレイヤーはジョニー自身に「自分が消える」という選択をさせることになります。
これまでのジョニー視点のプレイでジョニーに情が湧いている場合は、この決断を下すのはなかなか切ないものがあります…。

でも、もしジョニーを生かしたいと思った場合。
プレイヤーは、これまで「チップを取り外して自分の人生を生きたい」と散々言ってきたVを最後に見捨て、「お前を生かしたい。俺を信じてくれ」とVに言い続けたジョニーにVを裏切らせることになってしまうのです。

この第二のエンド分岐は重みのある選択肢だと感じました。


ジョニーを消し去りVが生還するルート

クエストでいうと「Path of glory/栄光の道」です。

神輿の中で、ジョニーに「自分が消え、Vに主導権を返す」という決断をさせたあとの話。

神輿では、ジョニーはオルトに吸収され、オルトと共に消滅します。
厳密には消えたわけではないのですが、オルト共々サイバー空間へと溶け込み現実世界へはもう戻ってきません。

この一連の出来事があり、アラサカ社の神輿というシステムは消滅します。
神輿が消滅したことで、アラサカ社が売りにしていた「魂の救済」というシステムの実現が不可能になり、アラサカ社はこれまでと一転し、名声も富も何もかもが地に落ちてしまいます。

地に落ちたアラサカ社の置き換えとしてナイトシティのトップに立ったのは、神輿から生還したV。

Vは今やVIPな豪華一軒家に住み、アフターライフのボスとしてナイトシティで過ごしていました。

神輿から生還したあと、場面はVの家の中から始まります。

何かしらの依頼を受けているVは、依頼人に会うためにアフターライフへ向かいます。
ちなみに、アフターライフに入るとヴィックスとバーテンダーのお姉さんクレアと任意の会話が発生するので気になる方は立ち寄っておくのがおすすめ。

アフターライフで依頼人と会うと、場面はさらに宇宙空間へと切り替わります。

この依頼がどんな依頼であったのかは最後まで説明がありませんが、どうやら宇宙に出向き、宇宙にあるVIP専用の住居区画を破壊するといった計画の模様。

最後は拳銃を携えて、宇宙に漂う巨大なVIP住居区画を見据えるVで終わり。


ミスティ占い

最後にスタッフロールと共に各キャラクターからVに向けたメッセージが入ります。

メッセージの中で一番最後にある、ミスティによる占い。
実はエンディングの種類によって、このミスティの占いの内容とそれに対するミスティのコメントが変わります。

今回のルートでは、ミスティが引いたタロットカードは

皇帝・力・世界

ミスティは、「V、あなたの名は世界中に知れ渡る。でもまずはナイトシティのトップに立つのが先ね」といったメッセージを残します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。